Google Maps APIのライセンスについて - Google Mapのライセンスの扱いについて

Google Mapのライセンスの扱いについて

  • Google Maps APIのライセンスについて

    • グーグルマップは目的地までのルートや距離などを簡単に画面上に表示してくれる無料の地図サービス、お店の場所や訪問先の会社の場所を調べる時などに利用されている人は多いのではないでしょうか。
      GoogleMapsを利用する側とホームページなどに貼り付けてユーザーへのルート情報を提供する側、2つの利用者が存在しています。
      この内、ホームページに地図を貼り付けて利用する時に便利なサービスがAPIです。

      魅力の高いGoogle Mapのライセンスの分かりやすい情報はこちらのサイトです。

      APIは簡単に言えば、より便利な地図サービスを訪問してくれたユーザーに対し提供するためのライブラリーであり、GoogleMapsAPIにはやりたいことを調べることが出来るAPIピッカーなども用意してあります。


      単に地図をホームページに貼り付けるだけでなく、アクセスしてくれたユーザーにとってより使い勝手が良く、便利なウェブサイトであることをアピール出来るようになります。



      尚、GoogleMapsAPIを使うと何が出来るようになるのか、どのようにして使えば良いのかを分かりやすくまとめてあるのがグーグル公式サイトです。



      他にも、不特定多数の人々が情報サイトの中でスクリプトの公開や解説を行っているため、初心者の場合はこうした情報サイトを活用して何が出来るのかを把握しておくと良いでしょう。ちなみに、APIは無償で提供が行われるものではありますが、グーグルのアカウントを取得してライセンスを得ておく、APIを利用する時に必要なライセンスとしてAPIキーの取得があります。

      これらのライセンスは無償で提供されるもの、テストする時にも必要になるため予め取得しておきましょう。