Google Mapのライセンスの扱いについて

  • 地図を便利に使うGoogle Mapsとライセンス

    • 普段アクセスルートの確認や所要時間の確認などで便利に使っているグーグルマップは自社サイト内に挿入して道案内で使うことも可能です。しかし、単にマップを掲載するよりもGoogleMapsAPIを使えばさらに便利な機能を付与した形で掲載が出来ます。

      Google Mapのライセンスの基本知識を紹介しています。

      GoogleMapsAPIはグーグルマップ用に最適化されたAPI集合体、ウェブ及びウェブサービス、モバイルの3つで構成が行われています。

      例えば、ウェブの中にはグーグルマップをウェブサイトに表示が出来るJavaScriptAPI、知事画像を高解像度で表示するもの、ストリートビュー画像を高解像度で表示するものなど、ニーズに合うものを選ぶ、もしくは組み合わせて利用可能です。
      ただし、GoogleMapsAPIを実際に利用する時にはグーグルのアカウントを作成、ログインした状態でキーの取得が必要になります。



      アカウントやキーの取得などのライセンスは、無償ライセンスになっているなど、サイト内のマップを強化したいと考えているのであれば先行してライセンス取得を行っておくと良いでしょう。



      GoogleMapsAPIの詳しい説明はグーグルマップの公式サイトや情報サイトを利用することでチュートリアルやサンプルコードを入手することが可能です。初めての人は、ウェブやウェブサービス、モバイルの中で活用出来るAPIの機能を把握することが始めるのがお勧めです。また、ある程度やりたいことが分かっている場合にはAPIピッカーを使えば、やりたいことに最適なAPIを一覧表示で調べることが出来ます。


      公式サイト内ではキーの取得の仕方などライセンスについて調べることが出来るようになっています。