Google Mapのライセンスの扱いについて - Google Mapのライセンスの扱いについて

Google Mapのライセンスの扱いについて

  • Google Mapのライセンスの扱いについて

    • GoogleMapは一般の人でも様々な場所で利用でき、またその利用については料金が発生しないと考えられている人が少なくありません、実際にスマートフォンなどで住所を検索したり、その周辺の様子をストリートビューなどで確認する場合には一切費用が発生しないことになっているため、ライセンスの概念についてあまり意識しないことが多いのです。

      Google Mapのライセンスの情報を公開しています。

      しかしGoogleMapにはライセンスが必要となるものがあり、これを取得することで無償版とは異なるさまざまな利用法ができるものとなっています。GoogleMapは不特定多数の人に対して位置情報や地図情報を提供することを目的としており、非常に公共性が高いものとなっていますがその中で企業が自らの社員向けに特殊な位置情報を提供したり、また社内でのみ特殊に利用する場合などには様々な制限を施すことが必要となります。



      この制限を施すためにライセンスを利用することでこれらの措置が可能となるほか、さらに高度な利用することができるようになっているのです。

      またGoogleMapのライセンスを取得することで特定の利用者に向けた位置情報とその他の情報を組み合わせたサービスを提供することができるようになります。



      位置情報や地図情報だけでは独自性を生み出すことができないと考えている企業にとっては、非常に効果的に利用できるサービスとなっており、他社との差別化を図る意味でも利用されるものとなっているのです。