Google Mapの使用にはライセンスが必要になる - Google Mapのライセンスの扱いについて

Google Mapのライセンスの扱いについて

  • Google Mapの使用にはライセンスが必要になる

    • ブログやホームページなどで、店舗の場所や会社の所在地を伝えるために、インターネット上の地図を載せることがあります。

      目的地の場所だけでなく周辺施設の情報まで閲覧者に伝えられるため、多くのブログやホームページで重宝されています。
      そんな数あるインターネット上の地図の中でもとりわけ人気なのがGoogleが提供する、GoogleMapです。

      Google Mapのライセンスに関する耳より情報です。

      他の地図に比べ見やすく、カスタマイズが可能であるため、写真を地図上に埋め込んだり、マーカーを設置したりと様々な用途で使用されることが多いのです。



      非常に便利に活用できるGoogleMapですが、1つ注意しておきたいポイントがあります。
      そのポイントとは1日に特定の回数以上のアクセス数があると、有料ライセンスが必要になるということです。


      GoogleMapは無料で伝えるんじゃないのと感じ違いをしている人が結構いますが、1日に25000回以上のアクセスがあり、かつそれが90日以上続いた場合、Googleよりライセンスの購入を提案されます。

      有料ライセンスの料金は従量制ではありますが、そこまで大きな負担になることはありません。



      なので、継続的に使用したいなら、有料ライセンスを購入したほうがお得です。しかし、なるべくお金をかけたくないと思うであれば、別の地図の使用もしくは画像の使用をおすすめします。
      企業のホームページや人気ブログの場合、1日のアクセス数は相当なものでしょう。


      GoogleMapは便利ではありますが、その使用を見直す機会はあったほうが良いです。